東京で手相にユーモア線をもち芸人を目指すタイチ。

東京で手相にユーモア線をもち芸人を目指すタイチ。

ユーモア線を活かすために、、、、

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

ユーモア線です。

これはユーモア線とは言いますが、、、表現力の高さを示しますよ。

一つのことを色んなやり方で表現する力です。

例えば、「すごく寒い」というのと「外の気温は最高にクールだ!」というのは同じ意味ですが、、、

大分違って聴こえますよね(笑)

後者のほうが明るく人に伝わりませんか?

このようなことも表現の幅の一つです。

こんな表現ができる人は、、映画の法則によりタダモノでない明るい人生を歩むことが多い。

あと「お釈迦様はお弟子さんに同じ意味の一つの話を、それぞれに伝わりやすいように変えて話した」

ということも聴いたことがありますね。強いユーモア線がお釈迦様にはあったかもしれません。

この線の持ち主は、ちょっとひねった表現が得意な方が多い。

表現の幅をもつ才覚があるということです。鍛える価値は高いですよね。

あなたはこの世界でどんなことを表現したいですか?

この手相の持ち主は、表現力があるのでユーモアが身につきやすいということなのです。

あと、その場のムードに合わせたふるまいができる才覚があります。

人が集まる場で力を発揮できるのです。

さらに、進化するなら人の心をつかむ才能があるということでもあります。

話す仕事などは本当に適性がありますね。

それでは、今回はユーモア線の持ち主のストーリーをお届けします。

●東京に手相にユーモア線をもつ、タイチという男がいた。

年齢は18才。

タイチは東京の学校で小中高とクラスの人気者で、人を笑わせることが好きだった。

東京の学校の授業で手を上げる度に、どう笑いをとるか計算しながら手をあげることに命をかける生徒だったのだ。

タイチにとって東京の学校で学べた一番のことは「どんな発言をしたら人に笑ってもらえるか?」だった。

手相にユーモア線がある人は人のリアクションをとても気にするところがある。

だから、人の気持ちを見抜く力が自然と養われることが多い。

思いやりがあるので、タイチを囲む友人の輪は広かった。

そして、、、、東京の高校を卒業して今は東京にある芸人学校に通っている。

ユーモア線を手相に握りしめて、東京からスターダムにのし上がるのだ。タイチは職人のように固くこころに決めていた。

大阪で学ぶことも考えたが、タイチは東京の芸人が好きだったので、東京の学校を選んだ。

手相にユーモア線をもつタイチのサクセスストーリーは今始まったばかりだ、、、、●

手相にユーモア線をもっていても、タイチのように芸人を目指す人は少ないですが、、、

小説や漫画など何か作品をつくるとか、話す仕事で活かしたりする人も多いですね。

会話の中で人を笑わせてあげるのも立派なことでもあります。

つまり、表現力に長所がありますよ。

基本、何かを学べば学ぶほど、、、表現のための材料が増えるので表現のキレも増していくようです。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 1142今日の閲覧数:
  • 526今日の訪問者数:
  • 991昨日の訪問者数:
  • 1,070一日あたりの訪問者数:
  • 8現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ