千葉県で手相にライターズフォークをもち活躍するキョウスケ。

千葉県で手相にライターズフォークをもち活躍するキョウスケ。

ライターとしての活躍のきっかけとは?

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

ライターズフォークです。

※1のように頭脳線の先でほんの少し分かれるのがライターズフォークですよ。

この手相が出るケースは細かくみると色々ありますが、大きく分けると2パターンあります。

1つめが、文章能力に秀でていることを示すケース。



2つめが、今ある一つの能力を活かして2方向以上で活躍できることを示すケース。

例えば、、占いが得意だったら、占いをすることで活躍できてその延長線で占いのセミナーなどをしたりです。

このように、、ライターズフォークがあると職業人生を多彩に楽しみやすいです。

今ある才能を本気で活かそうと思えば、道は無限にあるわけなのです。

それでは、今回はライターズフォークの持ち主のストーリーをお届けします。

●千葉県に手相にライターズフォークを持つ男性がいた。

名前はキョウスケ。年齢は37歳。

昔は雑誌の文章を書くライターをしていたが、今はフリーライターをしている。

千葉県の海と山の幸にかこまれながら文章で暮らすのはまったくもって悪くない。

今では芸能人や著名人のゴーストライターをしたり、インターネットで売られている情報商材の文章を書いたりもしている。

時代が変わるとともに文章の仕事も変わる。

今の時代はネットも普及して文章の価値が高いのだ。

そして、手相にライターズフォークが生まれた時、キョウスケが何をしていたかというと、、、、

小説を書いていた。

しかも、自分の未来のことを書いた小説だ。

その小説を書いたのは32歳頃のこと。

小説調で「千葉県で悠々と豊かに暮らしながら文章で身をたてるストーリー」をキョウスケは書いていた。

そのころからキョウスケの場合はライターズフォークが手相に出てきた。

今でも自身の未来を書いたその小説は手元にあるが、、ぐぅの音もでないほどに叶っている。

過去に書いた小説と今の状況のシンクロ率95%ほど。

ほとんどが一緒だった。

今では、キョウスケにとって、文章は打ち出の小づちみたいなものである。

このスキル一つで、千葉県にいようが東京にいようが色々な仕事ができるのだ。

千葉県の地魚を食べられる食堂で、キョウスケは過去の自分小説を読んでいた。

千葉県の地魚でつくられたなめろうを食べながら、、、40歳前半の未来のためにどんな自分小説を書こうかと考えている。

これだけ活かせば、千葉県の地魚と同じで手相のライターズフォークもイキがよくなり喜ぶだろう。。。●

今回のテーマはライターズフォークということで、、、私も書いている未来小説をストーリーに登場させました(笑)

未来小説に書いたことは恐ろしいぐらい叶いやすいですね。

しかも、未来小説どおりに生きていくと人生は楽しいです。

未来小説に限らず、人生の台本づくりに力を入れると海老で鯛をつるとかそんなものではなく、、、

米つぶ一つで、山を一つ手に入れるほどの価値があります。

このように、労力のわりにリターンがあまりにも大きすぎる例えが当てはまります。

ここを押さえないで生きると不安になるし、あまりにもったいないですよね。

キョウスケの場合のスキルは文章でした。

あなたが持つスキルをとことんまで磨いていくと、驚くほど多岐にわたった活躍ができますよ。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 789今日の閲覧数:
  • 364今日の訪問者数:
  • 1158昨日の訪問者数:
  • 1,206一日あたりの訪問者数:
  • 8現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ