新宿で手相に三角紋を持ちバーを経営するユウイチ、金運アップのきっかけは?

新宿で手相に三角紋を持ちバーを経営するユウイチ。

金運アップのきっかけは何だったのか?

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

三角紋です。

三角紋はこの場所(水星丘)によくみられますね。

金運がこの先メキメキ上がるか、今が絶好調か、、、、

そんな時にかなり高い割合でみかける三角紋です。

小指下に三角紋がある方は不動産で家賃収入を得られたり、親から継いだ財産があったり。

はたまた経営者としてバリバリ活躍をしていたり、、、お金を生み出す才能があったり。

このようなケースが多いですね。

そして、金運が高いことを示すサインです。

お金の使い方がうまく、金銭感覚がしっかりしている人に多くみられます。

それでは今日は三角紋が小指下にある手相の持ち主のストーリーをお届けします。

(フィクションです)

●新宿で、手相に三角紋を持ちバーを経営しているユウイチという男がいた。

年齢は35歳、2年前まで新宿にあるホテルのバーでマスターを勤めていたが、独立開業に踏みきって今にいたる。

しかし、、、、始めたころは集客面でも精神的にもきつかった。

独立開業するのは、新宿のホテルのバーで雇われマスターをするのとはまた違う。

開業する前に一番ナメていたな、、、と自分で思ったのが「店は宣伝するのではなく、口コミで広まるものだ」というとてつもない勘違いだ。

お客様頼みの経営。

だから、集客の勉強などする必要ないとすら思っていたのだ。

マスターが集客の勉強をするのは、邪道だとすら思っていた。

今のユウイチからすると、開業する前の自分をアントニオ猪木のように頬を張り飛ばしたい気持ちにかられる。

そして、一番怖かったのが、、、お客さんが来てくれなかったらどうしよう、、、と、後ろから針がついた壁がやってくるようなプレッシャーだ。

新宿のホテルで雇われていた時はこの心配がなくてよかった。

しかし、、、独立開業しての成功はこのプレッシャーを受け入れたご褒美なのかもしれない。

あまりのプレッシャーは普段は全く本など読まないユウイチに、本を読ませるほどだった。

店を始めた当初は、二宮金次郎になって、本を読みながら重たい米俵を背負って走っている気分である。

そして、新宿のホテルのバーに勤めていた頃には手相に三角紋などはなかった。

ただ、、、手相に三角紋が出てきたのは、本を読んで新宿のバーの経営のことを学んでからだった。

インターネットからの集客、そして、実際の店づくりに関すること。

実践して、新宿のユウイチのバーにお客様に来て頂くためのことなら、何でも学んだ、、、、、

そんな時期に、手相の小指下に三角紋が浮き出てきていた。

(自力により手相の小指したに三角紋が出る時は、お金を得るための知恵をたくわえている時が多い

うまくいき始めたのは、本を読みだしてから半年後ぐらいだった。

(三角紋が出てからは4カ月ほど、、、)

学んだことを実践すると、、、実際に結果は変わってくる。

こうなると本当に面白い。

実践→結果→検証のプロセスを楽しみ始めた時からお客様に来て頂けるようになったのだ。

今では新宿のユウイチのバーは食事の後にゆっくり飲める雰囲気のよい店として大人気である。

勉強の結果なのか、勉強が楽しくなりワクワクしたユウイチがツキを呼べる体質になったのかは分からない。

しかし、、、確かなのはユウイチがやったことが手相に現れていたことだった。

今でも手相に三角紋が出ている、それを見て新宿のバーはこの先も繁盛することをユウイチは確信していた。。。。」

この物語のように手相の三角紋は自身の行いによって出ることが多いです。

商売繁盛のための知恵を得て出る、、、、一番、これが金運としては安定していますよね。

ただ、これは他力による場合でも出たりします。

いずれにしても、この三角紋が出ていれば金運的にはかなり期待できるでしょう。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


ご覧になられている人の数

  • 331今日の閲覧数:
  • 116今日の訪問者数:
  • 1104昨日の訪問者数:
  • 1,076一日あたりの訪問者数:
  • 9現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ