下北沢で手相にリーダー線をもつ男ヤスト。そのチャレンジとは?

下北沢で手相にリーダー線をもつ男ヤスト。

人を巻き込んでのチャレンジの結果は?

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

リーダー線です。

あなたはこの手相はありますか?

※1の中指に向かう手相は弱く刻まれていたらマネージャー線といい、人のサポートに力を発揮する手相です。

そして、深くパワフルに刻まれていたらリーダー線となります。

これがある方は人の使い方がとても上手だったりしますね。

あと、かなりカリスマ性がある人物であることも多い。

そして、、、生命線から伸びる努力線がリーダー線を直線でつっきる形になると、さらにリーダーとしての活躍をみこめます。

その場合、自身の努力にあわせて人を自然と巻き込む形になるでしょう。

それでは、リーダー線の持ち主のストーリーをお届けします。

(フィクションです)

●下北沢にリーダー線を手相に持つ男が住んでいた。

名前はヤスト、年齢は26歳、いつも金欠で悩んでいた。

今は下北沢にある築40年のアパートで、月3万円で暮らしている。

ただ、、、ヤストを慕ってくる友達が何人もいた。

手相にリーダー線があるだけに、仲間のなかでもリーダー的な立場である。

旅行にいこうとか、遊びにいこうとか言うのもヤストから始まり、仲間の相談を受ける役はいつもヤストだった。

本当に頼りにされている。

そして、ヤストはあるプロジェクトを温めていたのだ。

そのプロジェクトとは仲間と一緒に下北沢からアクセサリーブランドを立ち上げる、、、ということだ。

仲間と一緒にならやれる気がする、、、何かの小説で仲間でプロジェクトをうまくいかせる話があったけど

ヤストは小説に感化されたのだ。

仲間と一緒に何かを成功させるということは楽しい。

下北沢の古アパートの窓から頭をだして空を見上げながらヤストは決意している。

手相のリーダー線を活かした一世一代のチャレンジといってもいい、ヤストはワクワクしていた。

そして、その後に下北沢から独自のアクセサリーブランドを立ち上げ、30代になるまえから成功しはじめることになる●

このヤストのように、リーダー線がある人は自分が発となり、、、

自分のアイデアを使って人を巻き込んでいく力がありますよ。

きっと、それは素晴らしいチャレンジになるでしょう。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 2373今日の閲覧数:
  • 873今日の訪問者数:
  • 1195昨日の訪問者数:
  • 1,304一日あたりの訪問者数:
  • 6現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ