東京で手相に見抜き線(お見通し線)がありクラブを経営するマユミ。

東京で手相に見抜き線をもちクラブを経営するマユミ。

見抜き線(お見通し線)とは?

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

見抜き線です。(お見通し線)

※1のように小さな島のようなものが薬指と小指の間の感情線あたりに集まっているものです。

この手相は文字通り、人の心理を見抜く素晴らしい才能があることを示します。

この見抜き線のイメージとしては腕のよいクラブのママか、ホステスですよ。

例えば、、、相手のしてほしいことを先回りしてできる、ということなのです。

お得意様が店を出る頃には、、、先回りし、ぴたりのタイミングでタクシーを呼んでおいたり。。。大切な人物に会う前、その人の情報を徹底的に調べ上げたり(会話で相手をよい気分にさせてあげるため)、、、

進化していくと、人たらしの手相とも言えますね。

人の心理を見抜いているからこういったふるまいができるのですよね。

そう。社交の面で立ちまわりが上手であり、サラリーマン社会では出世しやすいかもしれません。

いぜんに、異例の大抜擢をされたキャノンの部長である男性がこの手相をもっていて、その立ちまわりのよさに驚いたことがあります。

あと、女性にとって男性のウソはつつぬけである、、、ということがありますよね。

実際、これは女性に多い手相でもありますよ。

人の心理を見抜くのは男性よりも女性に軍配があがるからかもしれません。

それでは、お見通し線の持ち主のストーリーをお届けします。

(フィクションです)

●東京でクラブを2件経営しているマユミという女性がいた。

手相に見抜き線があり、年齢は44歳。

東京の高層マンションの3階に住んでいる。

マユミは地に近いところに住みたいのだ、絶景を眺めたいなら住人全てに解放された28階にある共用スペースがある。

しかし、、、高層マンション特有のサービスは受けられるのでマユミは地に近いところが住みやすい。

どことなく安心する。

そして、、、マユミは若い頃から東京のクラブのホステスとして勤めていた。

手相にクッキリ出た見抜き線どおり、相手の心理を見抜いてよい気持ちにしてあげることに関しては、、、伝説的腕まえだった。

クラブのホステス時代に店は4軒変わったが、その4軒でいずれもが指名でナンバーワンである。

今では、最初小さく始めた店も、、、2軒目となった。

東京でマユミがやっている店の女の子達には「相手を知る事」を徹底して教えている。

人は「自分のことをよく知ってくれる相手」に対しては、恋人でも店でも浮気をしないものだ。

これが、マユミの哲学である。

ワインのグラスを傾けながら、、、マユミは今ままでのことに思いを巡らせていた。。。。。●

見抜き線はとても良い線です。

相手を知り、、、よい気持ちにさせてあげれば自分にそれが返ってきますよ。

その結果、豊かで楽しい人生を送ることができます。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 2374今日の閲覧数:
  • 873今日の訪問者数:
  • 1195昨日の訪問者数:
  • 1,304一日あたりの訪問者数:
  • 7現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ