東京の薬局につとめている運命線を持つメグミ

まっすぐの運命線を持つメグミ。

羊のようなさみしがりの彼との未来は?

三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

まっすぐ昇る運命線です。

この手相の側面としてあげられるのは

「一人の時間を非常に大切にする」ということです。

逆に月丘から斜めにのぼる運命線を持っている方は、友達といる時間を大切にされますね。

そうそう。これは明らかによく見られる傾向です。

それでは、今回はこの手相の持ち主のストーリーをお届けします。

東京にまっすぐ伸びる運命線を持つメグミという女性がいた。

年齢は26歳、薬局の受付をしている。

付き合って2年目になる彼氏がいるのだが、メグミの悩みの種は彼からの誘いである。

一般的には女性が彼といつも一緒にいたいということが多いのだが、、、、

メグミの場合は違った。

彼から頻繁に「今、何してる?」「今日は仕事が暇だった~」「次の土曜日は一緒に何する?」など

メールや電話がきて、少しうっとおしくなっている。

メグミはもともと独りで本を読むのが好きだった。

趣味といえば、TUTAYAで借りる映画、読書など一人で楽しむものばかり。

運命線がまっすぐ昇る人は、一人でできる趣味が多い。

だから、一人の時間を退屈せず過ごしやすい。

彼の方はというとさみしがり屋の羊のような性格だ。

ただ、彼としてはメグミの「一人が好き」という自立したような感じが好きだった。

病院の食堂で一人で本を片手に読みながら食事をしているメグミの背中に惚れたぐらいなのだ。

運命線が手首からまっすぐのぼる女性、男性ともに一人好きあるいは、自立したオーラがどこかある。

しかし、彼としてはそれでもやっぱり一緒にいたい。

まさにプラスとマイナス、正反対の個性に惹かれてカップルになった典型である。

彼の修業はこの先も続く。

しかし、未来に二人は結婚して意外とうまくいくことになる、、、、

このストーリーのメグミのように、まっすぐ昇った運命線の持ち主は「一人の時間が大切」と思うことが多い。

ほどよい距離感を大切にして、この手相の方の一人の時間は大切にしてあげましょう。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 811今日の閲覧数:
  • 310今日の訪問者数:
  • 1005昨日の訪問者数:
  • 1,127一日あたりの訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ