手相に金星帯を持ち神奈川県で絵を描くサワコ。

手相に金星帯を持ち神奈川県で絵を描くサワコ。

美しいものが好きで芸術のセンスは抜群?

こんばんは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

真中にスキマがあく金星帯です。

さて、、、この金星帯、モテ相とも想像力があるとも、芸術センスのある手相とも言われていますが

はたしてどのような意味なのでしょうか?

答えは「どれも正解」です。

金星帯は人によって出る理由はさまざま、モテ相としてでる人もいれば

想像力の高さを示すものとして出る事もあります。

手相を見る人はここをしっかりと判断する必要があると思います。

つくづく思いますが、手相は一番人間的でグレーゾーンの広いアナログな占いです。

ちなみに、金星帯が全部つながっている場合は超モテ相である可能性が高いですよ。

それでは、今回は手相に金星帯を持った人のストーリーをお届けしますね。

(フィクションです)

●神奈川県に手相に金星帯をもった女性がいた。

名前はサワコ、年齢は35歳。

神奈川にあるこの町は、海が目の前にある。

サワコは家の3階の部屋から「仕事」をするのが好きなのだ。

その仕事とは何か?

それは、、、絵を書くことだ。

海が見える大人の背ほどもある窓のそばで海を見ながら絵を描く。

ジョギングしている人からもサワコの姿は見えるだろう。

サワコは絵も好きだが、そもそも美しいものが大好きであった。

男性に対しても顔が整った人が好きでメンクイな方である。

手相に金星帯を持った人は、美しいものが大好きであることが多い。

だから、美容師やデザイナー、芸術家にこの手相はよく観られるのだ。

金星帯の手相を持つサワコは、神奈川県でも名の知れた画家である。

サワコが書いた絵が、雑誌の表紙に使われたりもしている。

そして、、、一番のお客である絵画好きの人からの人気も高かった。

絵を売ることが仕事である画商も、サワコの絵を扱いたいとひっきりなしに来るのだ。

今週も画商と会う約束が4件も入っている。

金星帯を手相に持つサワコは神奈川県のこの街の美しい海が好きだった。

神奈川のこの海の側で絵を描く、、、そうすると手相の金星帯に力が宿るように感じる。

つまり、絵を描くためのインスピレーションが湧いてくるのだ。

次の画商との約束まであと3時間、サワコは絵を描くこの時間を楽しもうと筆を動かしていた。。。。●

この物語のサワコのように金星帯が手相にある人は、美しいものが大好きであることが多い。

そして、その相手が自然であろうとも、絵であろうとも癒されるのですよね。

この手相の方は中々繊細な感性をもっているので、普通の人が気付かない細かなことに気付きますよ。

サービスマンや小説家などにも良い手相です。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 1788今日の閲覧数:
  • 784今日の訪問者数:
  • 991昨日の訪問者数:
  • 1,070一日あたりの訪問者数:
  • 8現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ