当たる開運線

さてさて、今回の手相の見方のテーマは

●手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ-開運線

開運線です。

これはかなりおめでたい線です。

どちらも開運線なのですが、※1※2向かう方向が違いますよね。

向かう方向によって、意味が違います。

※1の開運線は、その人の出世や結婚、力をフルに発揮できるような場所へ行ける時期に出たりします。

いわゆる「今までの苦労が何らかの形で実る」ことを示す線ということです。

(これも、流年法でいつ起こるか?を割り出します)

シンプルに、これが多い人ほど成長のステップをしっかりと踏んでいると言えるでしょう。

(ただし、線が出にくい人には出ないことが多いです。)

※2の開運線、こちらは※1に輪をかけた感じでおめでたいですね。

これは、その人の運気のブレイク時期をしめしたりする線です。

一気に雑誌にも取り上げられたり、知名度が一気に上がるような時期にも出ます。

後、しあわせな結婚にもこのような線が出たりしますよ。

いわゆる「ガラっと生活が変わるほど」の幸運です。

少し話がずれますが

基本的に手相の大原則として「縦線が多い方は幸運」とみなすことが多いです。

なぜなら縦線が良い線であることがほとんどだからですね。

手相には人の見えない気(き)が手に出ています。

手相には「木」が書いてありまして、これがゴージャスに茂れば茂るほど幸運パワーが強くなる、というわけなのです。

これを頭に入れて手を眺めてみると、また違った見え方がしますよね。

実際にそうです。

これが茂っていく様子は、自分がしっかりと「目標設定をする(やるんだと、決断する)」「人が喜ぶことをする」などをしていると、みるみる内に確認できます。

例えば、※1の線がもっとも出やすい要素はなにかというと

「目標設定」です。

私は自分の手相で確認しましたが

夢を紙に100~200個書いて目標設定をした1~2ヶ月後に、※1や※2の線が未来に出てきました。

そのことから、根本的に人は「~をやる」と決めることが全ての始まりなんだなぁと感じましたね。

人のストーリーは創ることができる、しかも「創り方がある」と手相から確信した瞬間です。

手相は本当におもしろいですね。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 1267今日の閲覧数:
  • 469今日の訪問者数:
  • 1195昨日の訪問者数:
  • 1,304一日あたりの訪問者数:
  • 11現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ