恥ずかしがりの相

今回の手相の見方のテーマは、事例です。

 

恥ずかしがりの相

恥ずかしがりやの相です。

※1の頭脳線と※2の感情線が揃うと、恥ずかしがりやで表の仮面が分厚いことが多いです。

※1の生命線と最初の方に長く合流している頭脳線は、慎重な方なので行動を起こす前に色々考えるのですよね。

周りの空気にとても敏感な方でもあります。

いわゆる空気を読む方です。

そして、※2の感情線は人差し指と中指の間に流れ込んでいます。

これは、人の輪を重んじるために、目立つ行動をしようとする時にやや緊張が先に立つところがあります。

ただ、この相の方が吹っ切れてそれを乗り越えると、芸能人の如く、素晴らしく思うままに人に自身をアピールできるようになるのです。

お酒を飲んだ時とかもそうですね。

時々、この相をお持ちの方にそういったシーンが観られます。

三堀貴浩

個性に合わせた最短ルートの開運法をお伝えするには、
手相鑑定にお越しいただくのがベストです。

東京手相鑑定の説明を見る

下記の無料メルマガでは、
仕事・健康・恋愛・結婚、あらゆる分野において
最高のバランスで成功する方法をお伝えしています。

絶対開運の法則 無料メルマガに登録する
(過去五年分のバックナンバーもお読み頂けます。)

※指定受信には palm●mihori2.com のアドレスをお願いいたします。
(●を@に変えてください)

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(仕事・健康・恋愛・結婚、あらゆる分野において 最高のバランスで成功する方法をお伝えしています)
絶対開運の法則 無料メルマガに登録する

手相鑑定では、個性に合わせた開運法をお伝えしています。
東京手相鑑定の説明を見る

ご覧になられている人の数

  • 3990今日の閲覧数:
  • 1218今日の訪問者数:
  • 1071昨日の訪問者数:
  • 1,065一日あたりの訪問者数:
  • 22現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ