慌て者の線

さてさて、今回の手相の見方のテーマは

●手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ-慌て者線

慌て者の線です。(私にもあります)

※1のように頭脳線の始まりが少し鎖がかった相です。

この方は、忙しすぎるとパニックになることが多いです。

普段から、注意力が散漫になり「ん?あれはどうしたっけ?」が多いということもあります。

理由は2つありまして

なぜこうなるのかというと、多くの情報を常に詰め込んでいるために、新しい刺激を処理しきれないということが一つ目です。

これは、学生や大学生の方によく観られるパターンです。

学生ならずとも、本をものすごく読む方にも、この線は観られます。

新しい情報を取り込めば取り込むほど、忘却力に磨きがかかるというのは確かでしょう。

後、もう一つが、何かを生むことを仕事にすると成果が出やすいことの表れです。

「大きな才能は、大いなる欠如」という言葉がありますが、本当に才能がある人はどこかの部分でマイナスがあることが多いです。

優秀な作家だったら、日頃ボーっとしがちとか、そういったことです。

慌て者の相の方は、ルーティンワークをより早くこなすことよりも、適性が他のところにあるということなのですよね。

頭脳線は、日頃の学びがダイレクトに現れてくる線でもあります。

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 404今日の閲覧数:
  • 197今日の訪問者数:
  • 1360昨日の訪問者数:
  • 1,318一日あたりの訪問者数:
  • 6現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ