手相の頭脳線から細かい支線が出る渋谷ショップ店長ユウスケの物語。

頭脳線から細かい支線が出る手相のユウスケ。

どのように渋谷の店を流行らせたか?

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

頭脳線から※1のように細かく支線が出る手相です。

この手相は好奇心が強く、臨機応変さをしめす手相ですよ。

流行にも敏感で、ビジネスとかオシャレにおいても新しいものを取り入れることが上手です。

転職した際にも新しい環境に慣れるのも早い人ですね。

そして、自分の考えに固執することなく人のアドバイスを聴ける方なので開運しやすいとも言えます。

それでは、この線がある方のストーリーをお届けします。

(フィクションです)

●頭脳線から多数の支線がでる手相を持つユウスケという男がいる。

年齢は33才、渋谷で洋服の店をだしている。

今でこそ、毎日支出の4倍ほどの黒字を出せるようになったが、、、、

以前はひどかった。

前はドンキ○ーテなみにジャングルのような商品の陳列をしていて、安さを売りにしていた、、

ユウスケはドンキ○ーテを見習って、見るだけで楽しいような洋服店にしたかったのが最初だった。

ユウスケは店を始める前から、頭の中でこの店を経営していた。

頭の中では、渋谷駅前の交差点の人のうねりを店の中に移したような大繁盛である。

そして、店を始めた時、、、、頭の中の通り店は出来あがった。内装も商品の陳列もユウスケ的にはバッチリ。

ただ、唯一違う点があった。

全くお客様が定着しないのだ。

これでは、渋谷交差点どころかゴーストタウンだ。

一度は来てくれるものの、5分ほど歩きまわって出ていってしまうお客様が目立った。

ユウスケはそのことを友人のヒロシに相談した。

ヒロシはマンションの内装コーディネータをしていて、何度かユウスケの渋谷の店に来てくれたのだ。

そこで「ユウスケの店はごちゃごちゃしすぎて息苦しい」とあまりにも率直にアドバイスしてくれた。

そのアドバイスはユウスケの胸に刺さる。

普通ならカチンとくるが、ユウスケのよい所は臨機応変で人の意見をうけいれる柔軟さにある。

頭脳線から細かい支線が出る手相の人は、状況におうじて自身のやり方を変えるのもうまい。

店に出す商品を絞り、、、空きスペースをつくり高級感をだしたのだ。

カジュアルに奔放に、、、というのが開店する前からのテーマだったがこれをあっさりとユウスケは捨てた。

頭脳線から細かい支線がある手相の人は、自分のやり方を変えることへの恐怖が比較的少ない。

そして、、なんと、出していた商品の3分の2をひっこめる決断をユウスケはした。

不思議なことに以前に売れていた種類の洋服に絞って陳列すればするほど、お客様は来てくれるようになった。

2割の商品が8割の売り上げを上げていたのだ。

80:20のパレートの法則、これはユウスケの店にも当てはまっていた。

8割の売り上げを上げていた2割のものにしぼって、集中と工夫。

商品全体の値上げもした。

その後も、、、、思考錯誤をくりかえした。

頭脳線から細かい支線を持つ人は、なんども細かく工夫をしながらゴールにたどり着く力が素晴らしい。

そうして、今の渋谷の店を築き上げた。

ユウスケの今の座右の銘は「蛇の如く進む」だ。

一直線ではなく、這うように左右に体をうねらせるように工夫して進んでいくという意味だ。

ユウスケは一直線の「思い」は大切でも、一直線の「やり方」ではダメだということを知り、今後も蛇の如く進み店を流行らせていくことになる、、、、●

頭脳線から細かい支線が出る人は、方向転換を大切にすると良いと思います。

方向転換を苦にせず進めるあたりが素晴らしい才能ですね

P.S

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

三堀貴浩

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 800今日の閲覧数:
  • 369今日の訪問者数:
  • 1158昨日の訪問者数:
  • 1,206一日あたりの訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ