頭脳線と感情線の間が広い手相

こんにちは、三堀です。

12月の「絶対開運の法則セミナー」はこちらです。

東京 12月22日(土)

次の東京手相鑑定の予定はコチラをご覧ください。

(次の予定を出しました)

それでは、今回の手相の見方のテーマは

手相の見方を知ってドカンと開運する?手相の見方ブログ

頭脳線と感情線の間が広い手相です。

これは感情が豊かな手相です。

(前回の、間が狭い手相が合理的な手相)

これは合理的に何かを考えるよりも、

感情を中心に考えることが多いです。

この手相は、人間味があります。

優しい人が多いですね。

あと、こちらの場合は、

グレーゾーンが広い傾向があります。

曖昧なことも受け入れられて、わりと文系の人が多いですね。

芸術分野も『答えがない』ものですが、このタイプの手相の人は『答えがない』グレーゾーンを好むところが強いですね。

そういった特徴から、

この手相の人は包容力が出やすいです(^^)

器が広いポテンシャルがあって、人から愛されやすい手相なのです。

あと、なぜかのんびり屋が多いのも特徴ですね。

前回と続けて、

頭脳線と感情線の間が狭いか広いか?

というテーマで書きました。

これだけでもおおざっぱに個性が分けられたりしますね。

三堀貴浩

手相鑑定の詳細はコチラをご覧ください。

(次の東京手相鑑定予定が表示されます。

※ときおり大阪・名古屋・福岡などの手相鑑定も)

サブコンテンツ


よかったら、手相ブログとセットに、 無料メルマガもお読みください。
(内容は、人生を貫くカルマの法則・摂理についてであり、精神的な進化により人生を成功させたい人向けです)

絶対開運の法則 無料メルマガ

『東京 手相鑑定』

手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。


『大阪 手相鑑定』

大阪手相鑑定の詳細はコチラをクリックしてください。

ご覧になられている人の数

  • 1790今日の閲覧数:
  • 786今日の訪問者数:
  • 991昨日の訪問者数:
  • 1,070一日あたりの訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ